Colors of Life ~いのちの彩(いろ)~プロジェクト

2011年3月11日の東日本大震災の現状も、今となっては時折とでもいうようにしか目や耳にしなくなってきました。
ただ、2年間被災地へ通いボランティアを続けながら最も心に響いてきたことは、復興に向けて何かの支援にすがるだけではなく何とか笑顔で頑張っていこうとする復興地の魂と、何よりそこに居る子供たちの元気な笑顔でした。
夢中で色を手に取る子供たち
そんな中、復興・開拓の源となる子供たちの夢を、今なお世界中から見守ってくれている人々に伝えたいと開催された企画が、「 Colors of Life 〜 いのちの彩(いろ) 〜 」プロジェクト でした。
750IMG_0106

750IMG_0156

750IMG_0361
海外で活躍している人気の日本人画家ロッカクアヤコさんがベルリンから来日して、被災地の子供たち200人と一緒に描き上げた幅8m高さ3mの巨大な絵『未来への夢ウォール』は、予想以上に激しく複雑に、そしてかつ不思議な力を感じさせる感動の大作として完成しました。
R一緒4

750R一緒6
COLプロジェクトは、この作品を今の日本の元気の証としてできるだけ多くの世界中の人々に観ていただき、世界中の支援と真心に「心からのありがとう」と、「悲しみや苦しみだけではなく、夢と希望であること」を、覚めやらぬ日本中の人々、世界中の人々へ伝えたい復興地からのメッセージとして羽ばたかせていきたいと願っています。
cropped-900col.jpg
のちにCOLプロジェクトが開催された岩手県大船渡市のリアスホールにこの『未来への夢ウォール』を永久展示、現地と子供たちに「永久なる財産」と「永遠の希望」として残します。

© 2013 Colors of Life project